ブログ・活動内

2021.05.23 / 日々のこと

【ギャラリー】 田植えの風景

五木村の真ん中を通る大きな道路。そこから脇に入って車を15分ほど走らせると、「内谷」という集落がある。5月の連休明けの週末、その内谷に住む土屋家の田植えのお手伝いをさせてもらった。

普段聞こえる大型トラックやバイクの音もなく、鳥の鳴き声と水の流れ出る音だけが響く静けさの中で素手を田んぼの中に突っ込むのが、想像以上に心地よかった。

作業が終わってシャワーを浴び、思わず床に寝転ぶと、「だれたろ〜」と言って笑われた。(きょとんとしていると、「疲れたろ?」と言い換えてくれた。)わたしはたいして働いていないと思っていたけれど、腰を曲げながら転ばないようにぬかるみを進むのは、思っているより体に堪えたらしい。

写真には写っていないけれど、私たちが作業をしている間、お母さんが、お昼と夜とごはんをつくってくれていた。方言のせいか、みんなの会話が4割くらい聞き取れていなかった気がするけれど、食卓はとても賑やかだった。

今回の記事を作成したのは
吉本遥
吉本遥さん

熊本市出身の25歳。東京での大学生活を経て小さな村での暮らしを望むようになり、2021年3月、五木村に移住。民俗学が好きで、古い道具や昔から続く暮らしの営みに触れるとわくわくします。